週休5日の生活を送るために必要なこと

不動産

投資家クラスタの中にはFIREを目指している方が多いですよね。

私もその1人で、できるだけ自由に時間を使いたい、お金のために時間を使って働くということから解放されたいと感じています。

完全にリタイアすることが理想ですが、まずは週休5日を目指しています。

YouTubeを見られているかたは、オリラジの中田敦彦さんが最近出された動画をご覧になった方もいるかもしれない。

彼は、週休5日にして、シンガポールに移住するという。

このように自分の時間を存分に満喫できるのは理想的であると個人的には感じます。

では、週休5日を達成するためにはどうしたらよいでしょうか。

必要な条件

月給50万円を稼ぐことができる

月給50万を目途にしたのは、年収600万あれば困らず生活できるのではないかと思っているからです。

もし、年収300万で生活できる方は月給25万がかせげればFIREを達成できます。

さて、月給50万円を目標にして、

働いて全てを賄うとすれば、週2日の労働にする場合、時給換算で1万円程度をもらう必要があります。

これは、どれだけ高いスキルを持っていてもなかなか達成できる水準ではありません。

時給1万円を稼ぐには?

権威や実績のある個人事業主になることが唯一の手段

権威や実績というのは、どうしても時間をかけて積み上げていく必要があります。

ですので、若いうちから失敗を恐れず実績につながることを第一に考えて、チャレンジしていく、そして成果を”個人の成果”としてアピールすることが重要です。

結局、時給1万円なんて不可能じゃない?

労働以外のいわゆる不労所得が増やしましょう

配当収入や不動産の家賃収入などのストック型の所得を早いうちから積み上げて、それと労働収入を組み合わせて、目標月給を達成する方が現実的です。

そのためにはまず「働かせるお金を確保すること」

お金を確保するためには、「収入を増やす or 支出を減らす」が必要です。

では、小さい元手からどのように資産を膨らませていけばよいでしょうか。

元手が少ないところから増やすにはリスクを許容しましょう。

余剰資金の範囲内で最大限にリスクを背負うことで、多くの資産を早く築けるはずです。

さらに元手が少ない状況で資産を失ってしまっても、労働収入でやり直すことができます。

皆さんも人生の目標に向かって、一直線に進んでいくにはどうすればよいか、もう一度考えてみるとよいのでないでしょうか。

投資は自己責任で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました