【超簡単!】中小企業診断士登録申請の方法

資格
しーずん
しーずん

引っ越しがほぼ終わったので中小企業診断士の登録申請をしたよ。

登録申請に必要なもの

  • 申請書
  • 実務補習修了証書(原本) 15日分
  • 診断士二次試験合格証明書(原本)
  • 住民票

私の場合は、2月から3月にかけて実務補習15日分を受講したので、中小企業診断士登録申請することができたのですが、引越しに伴い住所が変わることが確定していました。
登録直後に変更申請を出すのが面倒だったので、このタイミングで登録申請をすることにしました。
中小企業診断士登録申請は、上記4つの書類を中小企業庁に郵送するのみです。

中小企業庁:申請・届出の手引き

合格証明書をなくしてしまったらどうする?

前述のとおり、中小企業診断士登録申請には二次試験の合格証明書の原本が必要です。
合格証明書をなくしてしまった場合も再発行ができるのでご安心ください。
再発行の手順は中小企業診断士のHPのよくある質問に記載があります。

試験に関するよくある質問(FAQ)

登録した後どうする?

大阪もしくは京都の診断協会に正会員登録する予定です。
“会員数が多く研究会も盛んな大阪”か、”居住地である京都”か、どちらにするか決めかねています。
決めきれなければ両方に所属することもできますし、中小企業診断士としてどのような活動をしたいかを明確にしたうえで最終決定します。

所属する診断協会の選び方

コメント

タイトルとURLをコピーしました