【今、不動産がアツい!】プロップテックの衝撃

読書

本日紹介する本は、こちら!

100兆円の巨大市場、激変 プロップテックの衝撃[ 桜井 駿 ]

「不動産」と聞くと、「マイホームを買う以外は関係ない」とか「不動産投資は危ない」とか思う方がおられるでしょう。
しかし、この本に目を通してもらうと、不動産の世界が激変の過渡期にあることが痛いほどわかります。
不動産業界に興味がある方はもちろんですが、株式投資をされている方は投資対象を探すヒントにもなるのではないでしょうか。

まず「プロップテック(PropTech)」とは何でしょうか。
答えを言ってしまうと、「Property」(土地や建物(不動産))×「Technology」(最新技術(テクノロジー))で「PropTech」です。
巷でよく耳にするようになった、フィンテックは「金融」×「テクノロジー」ですので、その不動産版だと思っていただければよいです。
ここでいうテクノロジーには、情報通信技術はもちろんAIやVRなども含まれます。
このようなテクノロジーを用いて、不動産がもっと私たちに身近なものになったり、便利になったりするということです。

例えば、家を買うという場合、多くの人は住宅メーカーを介して担当者と話をして購入すると思います。
ですが、プロップテックが発達すれば、ネットで希望条件を打ち込めばAIがおススメの業者、値段、オプションなどが提示してくれて、ワンクリックで購入することができるようになるかもしれません。

そのほかにも、

  • ホテルがあなたの家になる
  • 引っ越しの面倒な手続きがワンストップで行える
  • 不動産価格が即座にAIによって算出され、株式のように手軽に不動産が売買できるようになる
  • ・・・

といったことが考えられます。
例を挙げれば、枚挙に暇がありませんが、これからの世の中の変化を考えるきっかけをもらえる本です。

この本の特徴として、
プロップテック関連企業の社長や、業界の権威の方のインタビューなどが掲載されており大変面白いです。
また、プロップテックの最先端を行く企業に関する紹介もされていますので、理論だけでなく実際に世の中に広がっているサービスについても理解することができます。

紹介されている企業(抜粋)

  • ツクルバ
  • Opendoor
  • GA technologies
  • Ziroom
  • アドレス
  • クラス
  • アンドパッド
  • イタンジ

いかがでしょうか。
少しでも興味を持った方は、本屋さんで是非一度お手に取ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました