仕事ができる人は”ロジカルシンキング”を実践している?

読書
しーずん
しーずん

本日ご紹介する本はこちら!

ロジカル・シンキング 論理的な思考と構成のスキル (Best solution) [ 照屋華子 ]

照屋華子氏によって書かれた「ロジカル・シンキング」です。
本著は2001年に発行されたものですが、今でも読み継がれている名著です。
某外資系コンサル企業でも推薦図書として、挙げられています。

皆さん、普段のサラリーマン生活で「この人の話、分かりにくいな」と感じることはありませんか?
ムダに長いプレゼン資料、事実か仮説なのかわからない発表、論理の飛躍、どれも日常的に遭遇しがちなものです。
人の話が分かりにくいと思うことがある一方で、自分の話は果たして分かりやすいのか、不安になりますね。
そういった方には、ロジカルシンキングに基づいてコミュニケーションができているか見直しましょう。

本著では、ロジカルシンキングという言葉の通り、「論理的な思考」のために必要な考え方、スキルが書かれています。
重要なポイントは、ロジカルシンキングは「技術」であり、訓練を積めば誰でも身につけられるということです。

本著の大きな特徴は、実際のビジネスの場面に即した事例がちりばめられており、概念的に理解したものを事例に即して考えることができることです。
本を読んだだけで分かった気になるのではなく、ある事例に対して「自分だったらどうするか」を考えてアウトプットすることで、理解を深めることができます。

ポイントとなるキーワードを抽出しましょう。
これを見て、どんな話か分かる方は、すでにロジカルシンキングを実践できている方かもしれません。

KW

  • MECE
  • So What?
  • Why so?
  • 課題-相手に期待する反応-課題に対する答え

ロジカルシンキングという堅そうな題ですが、サラリーマンには必須の考え方、手法です。
一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました