【不動産投資】初めての確定申告

みなさんこんばんは。

昨年3月と6月に区分マンションを購入して以降初の確定申告が近づいてきました。先日不動産業者の方から、「確定申告簡易マニュアル」なるものが送られてきました。

そもそもなぜ確定申告をするのか

一言でいえば、不動産投資のメリットとしてよく語られる、「節税」の恩恵を受けるためです。

不動産所得を算出し、サラリーマンの給与所得などと合算することで、給与所得で納税した分と差引きして還付が受けられるというわけです。

不動産所得とは

不動産所得 = 不動産による総収入 - 必要経費

です。総収入は家賃、更新料、礼金などを合計したものです。それよりも重要なのは必要経費です。この必要経費には様々なものが含まれるので、節税の恩恵を受けるためには何が経費として計上できるのかをしっかりと把握しておく必要があります。

経費として計上できるもの

  • 固定資産税
  • 借入金にかかる利子
  • 火災保険料
  • 修繕費
  • 減価償却費
  • 管理費
  • 登記費用
  • 印紙代
  • 不動産取得税
  • 登録免許税
  • その他雑費  …などなど

減価償却についてはいろいろなところで説明がされているので、詳細は省きますが、注意点としては建物部分と設備部分にわけて償却でき、償却期間が違うということでしょうか。気になる方は調べてみてください。

またその他雑費で地味に大きいのは、物件を確認などにかかる交通費も計上できるという点です。特に私のように家から遠くに物件を持っている場合にはバカにならない額になります。

とにかく一回やってみます

なにせ初めてなので細かいところがよくわからないので業者さんのサポートも受けながら準備を進めていきます。

不動産所得に限らず、給与所得とは別の収入源を持たれている皆様も確定申告が必要かどうか一度確認してみてはいかがでしょうか。意外と還付を受けられるかもしれませんよ。

[/pl_text]
[/pl_col]
[/pl_row]

コメント

  1. […] 【不動産投資】初めての確定申告 […]

タイトルとURLをコピーしました