中小企業診断士実務補習を終えて思うこと ~独立に向けて~

資格
しーずん
しーずん

実務補習15日コースを完了しました!

15日コースはどうだったか

結論から言えば、15日コースにしてよかったです。

今回は5日コースにして、夏に5日コース×2社をやる選択肢もありますが、平日6日間の休暇が取れる方には15日コースをおススメします。

1社終了して、次の金曜日から次の診断が始まりますので、体力的にはしんどかったです。

ただ、15日コースの場合は、指導員の方を含めてメンバーは3社とも同じですし、自分たちの成長を実感できました。

メンバーの個性もわかり、円滑に議論が進められるようになりましたし、より関係性を深めることもできました。

今後は中小企業診断士仲間として何かしらの形で付き合っていく同志ですので、15日コースで関係性を構築できたことは良かったです。

経営診断は難しい

経験不足で、いい提案が思いつかなかった部分もありますが、

業界や会社への理解が足りないことが戦略提案が難しかった一番の原因でした。

教科書的な提案は意味をなさず、企業の成長ステージや社長の人柄・志向を理解したうえで、適切なタイミングで提案をすることが必要であると強く感じました。

社長が欲しがっているのは、教科書的な講義ではなく、売上アップのための具体的な取り組みなのだと。

中小企業診断士として生きていくために

今回の指導員の先生は、民間のコンサル案件を多数持つ、バリバリ現役の中小企業診断士でした。

いろいろと話を聞く中で、資格を取得したことでぼんやりと頭の中に現れた「独立」の二文字が、日を追うごとに大きくなっていきました

そして、独立して成功するために必要なことは「プライドを捨てること」「やれることはすべてやる覚悟を持つこと」だと教えていただきました。

今後の目標は35歳までに独立、40歳までに年収2000万円です。

今後の人生が俄然楽しみになってきました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました