【ふるさと納税】2018年、私はここに寄付をした

こんばんは。

公務員2年目の私ではございますが、はじめて「ふるさと納税」なるものをしてみました。

使ったのはCMでもおなじみ「さとふる」

https://www.satofull.jp/

まず問題になるのは

「いくら納税するか」ということ。

自己負担2000円で済む上限額を超えてしまったら、お得感が薄れてしまいます。

そこで役に立つのが、さとふるのページ内にある控除上限額シミュレーターです。

年収、家族構成を入れるだけで簡単に上限額の目安が算出されます。

タイトルなし

さて、上限額もわかったところで、どこに納税するかを決めます。

そこで気になるのは”返礼品”ですよね。

肉、魚、お酒、フルーツなど魅力的なものがたくさんあります。

 

私が選んだポイントは

  • その土地ならではのもの
  • 自分ではなかなか買おうと思わないもの
  • 食べ物か飲み物

です。

そして選んだのは以下の3自治体。

 

1.山梨県富士吉田市

寄付金:15000円

返礼品:富士山ウイスキー2本

ハイボールがお好きなので。ただし、味は…なんともコメントしがたいものだった。

 

2.北海道恵庭市

寄付金:15000円

返礼品:サッポロクラシック24本セット

ビールもお好きなので。安定のうまさ。

 

3.北海道安平町

寄付金:10000円

返礼品:はやきたチーズ詰め合わせ

ハイボールに合うでしょうということで。これはおすすめ。もりだくさんである。味も間違いない。

 

 

 

以上、40000円分のふるさと納税を完了しました。

確定申告の必要がないので、”ワンストップ特例”も申請しましたよ。

皆様も確定申告もしくはワンストップ特例申請を忘れずに。

 

使ってみて、自己負担2000円でこれだけの返礼品がもらえるのであれば非常にお得な制度だと感じました。

あと、税金の使い道が指定できるのもいいですね。

登山が趣味の私は、富士吉田市には「富士山の維持管理費」を指定しました。

このような目線で納税先を決めるのもよいかもしれませんね。

(むしろ、本来はこのような目線で決めるべきなのかもしれませんね…。)

 

2019年は詳細にシミュレーションして上限いっぱいまで活用したいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました